ヨネックス AERONA

生産年式 1990年頃(推定)

このモデルはカーボンアイアンだ。基本的な骨格はステンレス構造で、それをカーボン素材で覆ったモデル。一時期は飛びすぎることから、ルール抵触の話題にもなった。タラコと言われたカテゴリーのアイアンだが、ルール改定を受け、カーボンをフェイスにはめ込んだアイアンも登場する中、ロングアイアンだけを使用したプロもいたほどだ。その論理は、カーボンを保護する塗料の影響で、ボールがインパクトでフェイスを滑ることにより、スピンが減ったからとも言われる。カーボン特有のインパクトは、バランスがD領域にあっても、当時のクラブセッティングにあっては、軽さに違和感もあった。この時代を知る者なら、現代のユーティリティーは、こうしたモデルの復活にも見えてくる。


古鉄ミュージアム - 2番アイアン編 ー

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。2アイアンを集めてみました。セットものの古道具は、ミュージアム輸入物編や国産物編に。そちらへはリンクで。私的ブログで手にしてみた2アイアンを、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようで、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクも厳禁とします。

0コメント

  • 1000 / 1000